プログラミングやパソコン設定など備忘録

あきらちんの技術メモ

Windows10

Windows10手動で環境変数PATHを設定する方法

更新日:

はじめに

通常プログラムは、カレントディレクトリに実行ファイルが存在しないと起動させる事ができません。

メモ帳などWindowsに標準で用意されているプログラムは、環境変数PATH(パス)が設定されているために、カレントディレクトリを意識すること無く起動させることができます。

ダウンロードしてきてインストールするプログラムによっては自動的にPATHが設定されますが、自作のプログラムについては自分で設定してあげる必要があります。

※ただしプログラムをすでにPATHの通ったフォルダに配置すれば自分で設定する必要はありません。

 

環境変数PATHの設定

Windowsキー+eボタンを押してエクスプローラーを起動し、表示された画面(下記)の「システムの詳細設定」をクリックします。

システムのプロパティが表示されますので、「環境変数」をクリックします。

ユーザー環境変数の「Path」を選択し「編集」ボタンをクリックします。

「新規」ボタンをクリックします。

パスを入力するか、「参照」ボタンをクリックしてフォルダを選択します。※下記は、C:\Python\Python36 を追加した場合になります。

「OK」ボタンをクリックして終了します。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Windows10
-

Copyright© あきらちんの技術メモ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.