プログラミングやパソコン設定など備忘録

あきらちんの技術メモ

VBA

CSVファイルをダウンロードしてシートにセットする

投稿日:

はじめに

以前に作成したカレンダーの祝日は、内閣府のホームページからダウンロードして利用するようになっております。

ボタンを押して取り込めれば非常に簡単になるので作ってみました。

 

ダウンロード

※ZIP圧縮形式なのでどこかに解凍してご利用ください。

 

ちょこっと解説

メインシート

ダウンロードするファイルのURIと貼り付け先のシート名&針付け位置の開始アドレスを指定できます。

処理開始ボタンを押すと「Sheet2」の「A1」からデータを貼り付けます。

Sheet2の初期状態

処理完了後のSheet2

 

VBA

ファイルのダウンロードは、WindowsAPIを利用します。Excel32bit版と64bit版の両方を定義してあります。

Private Sub cmdCsvSet_Click() は処理開始ボタンを押したときのイベントです。

Private Sub SetCSVtoSheet(fileName As String, sheetName As String, startAddr As String) はダウンロードしたCSVファイルをシートに貼り付ける処理を行っております。

 

 

ポイント

貼り付け開始位置は、A1などと指定していますが、Cellsではそのまま利用できませんので、Range("A1").RowとRange("A1").Columnで数値に変換しています。

 

 

おわりに

カレンダーマクロの祝日シートにボタンを配置することで便利になると思います。その際には元のカレンダーをクリアすることや、ヘッダの設定にも気をつける必要があります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-VBA
-, ,

Copyright© あきらちんの技術メモ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.