プログラミングやパソコン設定など備忘録

あきらちんの技術メモ

VBA

ACCESSのVBAでリンクテーブルを更新する

投稿日:

ACCESSでプログラムを作成する際に、プログラム部分とデータベース部分に分ける事が良くあります。

分割することでプログラム修正後の入れ替え作業時にデータベースを誤って上書きしてしまう事を防止できます。

その際にプログラム部分のACCESS側でデータベースのリンクを行う必要がありますが、プログラムやデータベース部分の保存フォルダを変更したりすると、再度リンクし直さなければなりません。

全て自分で設定するときは手動でリンクし直せば良いのですが、利用者にやってもらう場合、たとえ簡単な手順であっても操作を間違ったりするものです。

できるだけ操作を簡単にするためにVBAで記述しておき、ボタン一つで更新できると間違いを減らす事ができます。

 

フォームを用意する

フォームにボタンを配置してデータベースのパス名を設定して、テーブルリンクボタンをクリックすると操作が簡単です。

DBPathテキストボックス: txtDBPath

参照ボタン: btnFileDialog

テーブルリンクボタン: btnTblLink

戻るボタン: 終了

 

テーブルリンクボタンのイベントプロシージャ

テーブルリンクボタンがクリックされたときのイベントを記述します。

以下の流れになります。

  1. データベース部分のファイル名を fPathにセットする
  2. コネクションをセットする
  3. テーブルの一覧から1テーブルずつテーブルを取得して、テーブルのタイプがLINKの時にプロパティを更新する

参照ボタンのイベントプロシージャ

参照ボタンがクリックされたときのイベントを記述します。mdbとaccdbが表示されるように設定してあげます。

 

参照設定

VisualBasicエディタのツールメニューの参照設定を追加します。

  • Microsoft ADO Ext. 6.0 for DDL and Security
  • Microsoft Office 15.0 Object Library

上記2つをチェックしてあげれば今回のVBAは動作すると思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-VBA
-,

Copyright© あきらちんの技術メモ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.